溺愛最高
ボディブロー
予期せぬ出来事に遭遇すると、それを知った(あるいは見聞きした)直後は意外と冷静でいられるが、時間が経つにつれジワジワとダメージを受けてくる気がする。

まさに今そんな状態です。

作業の合間にユルいノリの新作を書き溜め始めていたんですが、ちょっとメンタルきついです。筆が止まっちゃった。
浮上まで少し時間が掛かるかも。

いつになく意味不明ですみません。
ご覧になっても「なんのこっちゃ」って内容だと思います。
追記はただ叫んで吐き出してるだけですので畳みます……

---
今秋は諸々の人事がスムーズに進んで「公私共に順調だぜー!」って気分が乗っていただけに、上がりきったテンションをズドンと落とされるこの展開は正直……うわあ、うわぁぁー!
さーけーびーたーいー!

なんかもう頭がパーン! って破裂しそうです。
もうなんなんだ今年の下半期は!
ワッショイが続いたかと思ったら突然担ぎ手が消えたみたいな、唐突に落とされて背中を強打して悶えてるみたいな、ああ物書きのくせに上手く喩えられない自分がもどかしい、でもとにかくそんな気持ち!

世間は甘くなかった!
ままならねえな! 知ってたけど!

……世の中には捨てる神がいれば拾う神もいて。
こっちの神様に捨てられたその日に、違う神様から手を差し伸べられたりもする。
でもまあ後者の神様もただ掬い上げてくれるわけじゃなくて、相応の試練みたいなものは課せられるんだけどさ。

今日はまさに二柱の神様の掌の上で交互にコロコロ転がされたような日だった……

はー。
書いたらちょっと落ち着いたかも。

とりま、次いこう。
来年の上半期に繋げられるように。
半年後には今のこの気持を笑って振り返っていられるように。
妄想を糧に走るぜー!